忍者ブログ
  • 2019.11
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • 31
  • 2020.01
[PR]
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

【2019/12/12 08:09 】 |
結婚式のヘアスタイル│和装

*白無垢の場合のみ、髪型は文金高島田に限られます。自髪で結うことも出来ますが、髪の長さはロングにしなければなりません。結構大変なことですね。自髪でのアレンジヘアーを生かしたいのであれば、打ち掛けや振り袖もいいのではないでしょうか。生花などを用いて華やかにアレンジすると、とっても個性的でいい感じです。

髪飾り、付け髪を上手にアレンジして髪型をカバーしましょう。ボリュームを調整して、衣装に合うようにします。お色直しで印象を変えたいときに重宝するのがウィッグです。ウィッグも様々なものが出てきています。着用方法も簡単で色目もいろいろありますので選ぶのも楽しめますよ。

カツラという響きはあまりいい印象を持たないかもしれませんが、お色直しの大変さを考慮すると、便利なものですね。かつらは、どれでも同じだと思ってる方もいるかもしれませんが、髷の位置や顔の形でイメージが全然違ってきます。印象を変えたいときに役立つのが髪飾りです。たった1本でも全然違いますよ。

事前にかつらあわせが行われるのはそのためです。また、人工毛や本髪など、かつらに使われている毛髪もさまざまです。今では出来るだけ軽いかつら(500グラム前後)が好まれるようです。やはり重たいと長時間は疲れますから。初期の疲れは首・肩に出ます。肩こりはツライですよね。そして次第に背筋に痛みが走り始めます。そうならないためにも出来るだけ軽いかつらを選んでくださいね。

PR
【2010/10/26 13:03 】 | ウエディングのヘアスタイル | 有り難いご意見(0) | トラックバック(0)
<<ブライダル巻き髪の作り方 | ホーム | 花嫁のための結婚式ヘアアレンジ>>
有り難いご意見
貴重なご意見の投稿














虎カムバック
トラックバックURL

<<前ページ | ホーム | 次ページ>>